平成12年4月に富山県南砺市で療養型病床病院として開院しました。
ブログを通して当院の雰囲気を皆さんに感じてもらえるよう紹介していきたいと思います♪

ふくの若葉病院のホームページ

2020-05-21

新型コロナウィルス感染症対策

 新型コロナウィルス感染症対策のひとつとして、外来受付窓口にビニールカーテンを設置いたしました。
来院された方には、マスクの着用、手指消毒、体温測定、簡単な問診をしていただいております。 ご協力のほどよろしくお願いいたします。


 

 

 




2020-04-13

開院20周年のご挨拶

 平成12年4月1日に開院して以来、本年で20周年を迎えました。開院時には、町長溝口進さんをはじめとして、福野町よりの熱いお誘いを頂き、元砺波厚生病院事務長の前山正晴さんが考えて下さった3つの運営理念

  一、常に人命の尊重と人間愛に基づいた医療・介護につとめます。
  一、全ての人に平等に心身両面にわたる医療・介護につとめます。
  一、地域の人達から信頼されるよう研鑽と協調をすすめます。

の精神のもと、角家病院長、三宅診療部長が誠意を持って運営にあたり、また職員一同、患者さんの立場で上質な医療提供に務めたおかげで、地域の方々に信頼される病院に成長できました。この間、日本医療機能評価機構より4回の認定を受けました。第1回目の認定は、単独の療養型病院としては全国的にも珍しい事でありました。

 平成24年10月より三宅先生に病院長を引き受けて頂き、平成30年4月に介護療養病床を廃止し、100床全部を医療療養病床として再出発しました。この変革の当初は、以前に比べて、より医療依存度の高い患者さんに次々と入院して頂き、かつ病床稼働率を上げるという大きな試練にも拘らず、病院長以下職員一同、懸命に取り組んだ結果、1年前からは一段上の病院に成長する事が出来たと思っています。

 これも偏に南砺市民病院、南砺中央病院、砺波総合病院のご協力と患者さん、御家族の皆さん及び地域の皆さんの御理解と御支援の賜物と感謝いたしております。これからも、当地域の医療の一端を担い、皆様方に安心、信頼して頂ける病院運営を目指して、職員と共に一層努力、精進して参りますので、今まで同様御支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

理 事 長   岡 田    成

2019-11-19

不二家キャラバン隊♪♪

11月13日(水)、14日(木)の2日間、ふくの若葉病院を拠点に、南砺市(福野地区)の福野おひさま保育園、福野ひまわり保育園、ふくの若葉病院を慰問されました。

当院の1階エントランスホールにおいて、クイズ大会や「ペコちゃんの歌」に合わせてダンス、記念撮影等がおこなわれました。



13日(水)は福野おひさま保育園
北日本新聞2019年11月15日(金)朝刊地域ニュース22面より抜粋

14日(木)は福野ひまわり保育園


ペコちゃんと楽しい時間を過ごすことができ、入院患者さん、通所リハビリテーションの利用者さん、園児の皆さんに大変喜んでいただけました。


 なぜ、今回の「ペコちゃんが行く!不二家キャラバン隊」の慰問が行われたかというと、同じ若葉グループのふぃらーじゅ(石川県津幡町)の水谷管理長が、その昔、南極観測隊員として越冬する際、ペコちゃんを持ち込み、その事がテレビなどで紹介されたことが縁となり、不二家さんとのお付き合いが続き、今回、当院を拠点に南砺市福野地区のキャラバン隊の慰問が実施されることとなりました。また、これまでも、若葉グループの各施設にペコちゃんの人形などを寄贈していただいています。


ペコちゃん、スタッフの皆さん、不二家さん、本当にありがとうございます♪♪

株式会社 不二家
https://www.fujiya-peko.co.jp/